プライベートと共有

プライベートと共有

家具つき家具付きシェアハウスなら、1人暮らしにかかる初期費用を大幅に抑えることができます。シェアハウスとして貸し出している場合、住む人にとってメリットが多いと、多少家賃が高くても入居希望者が殺到します。これは、通常の1人暮らしではできない体験ができるからです。最新家電があれば、生活も便利になります。

個室は自分のスペースとして使えますし、ベッドやエアコンが備え付けてあればかなり便利です。しかし普通の1軒家の各部屋に、お風呂やトイレを設置することはありません。大規模なシェアハウスなら、各部屋にトイレやシャワールームが設置されているところはありますが、大抵の場合お風呂やトイレは共有スペースとなります。

シェアハウスで生活する人が、各自でルールを守れば気持ちよく生活できますが、そうではない場合たとえ個室があっても、そこでの生活が快適ではなくなってしまう可能性があります。家具付きのシェアハウスは人気ですが、プライベートと共有スペースをどちらも快適に使えるかどうかの確認が必要です。

こうしたプライベートについては女性の方は、とくに注意したいところだと思います。大型のシェアハウスの中では女性専用フロアを完備している女性向けシェアハウスもありますので探してみることをおすすめします。

そして可能なら決める前に、シェアハウスを見学させてもらうのがおすすめです。事前に見学することで、共有スペースがどのように使われているかが確認できます。

入居条件を確認

入居条件を確認

引越しシェアハウスは元々ファミリー向けに建てられた家を、数人がシェアして生活する場所です。いろいろな物件があるので、好みに合わせて選ぶことができます。人気のあるシェアハウスは、なかなか退去者が出ないことからずっと同じ人が住み続けることも少なくありません。

家具付きの物件なら、引越しの時も大きい家具や家電を運ばずに済むので、引越しの時も楽ですし、何より1人暮らしを始めるにあたり、一般的な賃貸物件を借りるより初期費用がだいぶ安く済みます

いろいろとメリットが多いイメージですが、他人同士が1つ屋根の下で生活を共にするわけですから、誰でもウエルカムというわけではありません。シェアハウスで暮らす場合は、物件ごとに条件があります。物件ごとに条件は異なりますが、あらかじ条件に当てはまっているかをチェックしておきましょう。

物件ごとの違いはありますが、シェアハウスによくある条件を紹介します。まず女性専用や男性専用のシェアハウスもあります。この場合は条件に当てはまらない性別の人は対象外です。成人を対象にする場合は、未成年は入居できません。

入居条件には、年齢制限を設けているところが多いです。年齢制限は比較的多く、20歳以上となっています。身分証明書を提示することを条件にしている場合、顔写真入りの証明証があると安心です。

家具付きシェアハウスのすすめ

家具付きシェアハウスのすすめ

一軒家シェアハウスこれから上京して1人暮らしをする予定があるなら、家具付きシェアハウスがおすすめです。生活に必要な家具や家電が最初から揃っているので、わざわざ買い足す必要がありません。1人暮らしでも家具や家電を全て揃えるとなると、かなりの出費になります。こういう時も、最初に必要な家具や家電が揃っていれば、経済的負担を減らせます。

シェアハウスにもいろいろな種類があります。中には家具や家電付き物件もありますし、個室にあるのはエアコンとベッドだけで、後は自分の好みや必要に応じて持ち込み可能という物件もあります。1軒家をシェアハウスとして使用する場合、各自の個室はありますが、トイレやお風呂は共有というところが多いです。洗濯機なども共有ですが、家電を買い揃えなくて済むのはかなり便利です。

家具や家電は備え付けになるので、好みでは選べません。ただし今はおしゃれな家具や家電を売りにしている物件もありますから、そういうところを探すのもいいかもしれません。キッチンなども、プロが使用するような本格的な物を揃えているところもあります。友達同士でシェアハウスを利用する場合は、家具があると便利ですし、2人部屋もあるので、ある程度はライフスタイルに合わせて選べます。

部屋探しでシェアハウスを選ぶ

部屋探しでシェアハウスを選ぶ

家これから1人暮らしをスタートさせようと思っている人で、予算が限られなかなかいい物件が見つからないと悩んでいるなら、思い切って家具付きのシェアハウスにしてみてはいかがでしょうか?シェアハウスにもいろいろな種類がありますが、ほとんどは元々ファミリー向けに建てられた物件ですから、部屋数も多く広々とした家に住めます。状況する場合は引越し費用などもかかりますから、家具付きシェアハウスはかなりおすすめです。

物件によって1軒に暮らせる人数は変わりますが、各自に個室が割り当てられるので自室で過ごす場合はプライバシーも守られます。シェアハウスとして貸し出す場合、ほとんどは家具や家電が備え付けになっています。これから1人暮らしをスタートさせるという場合、部屋探しの他に家具や家電を揃えないといけません。家具や家電が最初から揃っているシェアハウスを選べば、家具や家電を購入する費用を節約できます。敷金や礼金を取らないところが多いので、経済的な面ではかなり負担を減らせます。

今は家具付きで、敷金や礼金なしというシェアハウスも増えているから、部屋探しに迷ったらシェアハウスもチェックして見てください。物件によっては、共有スペースの家具や家電に高級品を使用しているところもあります。シアタールームやバーベキューが出来る庭などがあれば、楽しめる要素も増えます。通常の1人暮らしにはない贅沢さが味わえるのも、家具や家電付きシェアハウスの魅力です。