プライベートと共有

プライベートと共有

Pocket

家具つき家具付きシェアハウスなら、1人暮らしにかかる初期費用を大幅に抑えることができます。シェアハウスとして貸し出している場合、住む人にとってメリットが多いと、多少家賃が高くても入居希望者が殺到します。これは、通常の1人暮らしではできない体験ができるからです。最新家電があれば、生活も便利になります。

個室は自分のスペースとして使えますし、ベッドやエアコンが備え付けてあればかなり便利です。しかし普通の1軒家の各部屋に、お風呂やトイレを設置することはありません。大規模なシェアハウスなら、各部屋にトイレやシャワールームが設置されているところはありますが、大抵の場合お風呂やトイレは共有スペースとなります。

シェアハウスで生活する人が、各自でルールを守れば気持ちよく生活できますが、そうではない場合たとえ個室があっても、そこでの生活が快適ではなくなってしまう可能性があります。家具付きのシェアハウスは人気ですが、プライベートと共有スペースをどちらも快適に使えるかどうかの確認が必要です。

こうしたプライベートについては女性の方は、とくに注意したいところだと思います。大型のシェアハウスの中では女性専用フロアを完備している女性向けシェアハウスもありますので探してみることをおすすめします。

そして可能なら決める前に、シェアハウスを見学させてもらうのがおすすめです。事前に見学することで、共有スペースがどのように使われているかが確認できます。


Comments are closed.